カプセルと錠剤

副作用が気になる!

袋に入っている薬

女性ホルモン剤であるエストロモンを実際に使うことに関して、ひとつの疑問がおそらくあると思います。
まず普通に考えて、女性ホルモンというものには「太ってしまう」というイメージがあったりするでしょう。
そうなると、エストロモンを使い続けることでおデブさんになってしまうのでは?という疑問が出てくると思います。

ただ厳密にいうと、実際に医薬品によって太ってしまうことになるのは「ピル」だけです。
ピルというのは避妊薬ですが、ピルには黄体ホルモンというものが含まれています。
そのためピルを飲み続けると太りやすくなってしまうわけです。

しかしながら一方でエストロモンについてはピルのように太ってしまうような作用はほとんどありません。
そのため太るかもしれないということを一切気にする必要がないのです。
ホルモン療法をおこなうことで食欲増進効果が得られるようになるので、おそらくそのせいで太ってしまうと世間的に認識されているのでしょう。

ちなみにエストロモンの場合はむしろ飲み始めてから体重が減ったという人がよくいるので、太ることを気にすることはまずないと断言します。

ただし一応副作用として体重増加も存在しますので、100%誰でも太らないとはかぎりません。
そのことはまず頭に入れておいてください。

万が一仮に太ってしまい体重が増加したとしても、エストロモンを飲むことをやめれば徐々に体重はまた落ちていくはずです。
それよりもどちらかといえば血栓や乳がんといった病気のリスクが生じる可能性があるので、そっちを心配するべきです。
ただちゃんと医師の指導の下で飲むようにすれば、特にそういった大きなリスクも心配することないので安心してください。